専門的な知識と技術が必要な畳替えは専門業者にお任せ

和室

畳の手入れ方法

基本的には、掃除機で表面のホコリを除去するだけでも十分です。しかし、より長持ちさせたいのであれば、定期的に畳上げをして、天日干しをするといいでしょう。
畳を日当たりのいい場所に立てかけて、中に溜まった湿気を取り除くわけです。表面を太陽光に長時間当ててはいけないので、立てかける場所には気を使う必要がありますが、この作業をすればカビやダニの発生も抑えられますし、生活の中で溜まってしまった臭いも逃がすことができます。

畳替えするべきタイミング

畳替えのタイミングは、ある程度決まっています。大体三年ほどを目安に裏返しをするのがいいと言われています。また、五年程度が経過しているなら、表替えを検討する必要が出てきます。十年以上が経過しているなら、畳の新調も考慮に入れ始めるのがいいでしょう。
ただ、畳は使用している状況によっても劣化度合いは変わります。劣化が激しいときには、十分な時間が経過していなくても、新調するのがおすすめです。劣化した畳を使い続けるといくら部屋をきれいにしておいても意味がないので、汚れが気になったなら畳替えは検討すべきでしょう。

畳替えは専門業者へ依頼することもできる

ホームセンターに行けば畳を手に入れることは難しくありません。一畳のサイズが決まっているので、それを部屋に敷き詰めれば新しい畳で生活をしていくことはできます。ただ、専門業者に依頼をすることもできます。専門業者に依頼をする場合なら、裏返しや表替えという安価な方法まで選択可能です。

専門業者へ依頼するメリット

no.1

作業スピードが早くて便利

畳替えを専門業者に依頼することで得られるメリットは多いです。作業スピードが早いので、新しい畳で生活できるまでに時間がかからないという点が、最も大きなメリットとなります。裏返しの場合は、早ければ当日に作業を終わらせて納品してくれるので助かります。

no.2

失敗する確率は低くなる

自分で畳替えをすると失敗をする確率が高くなりますが、専門業者ならまず失敗することはありません。部屋のサイズにぴったりな畳を作ってくれますし、余計な隙間も空きにくくなります。段差ができることもないので、生活は圧倒的にしやすくなります。

no.3

仕上がりが美しくなる

専門業者の技術レベルは高いです。そのため、畳の仕上がりが非常に美しくなるという特徴があります。自分で作業をすると、どうしてもヨレやムラができてしまうことがあるのですが、専門業者なら完璧に仕上げてくれます。気分良く生活をすることができるので、専門業者に依頼をする価値は高いです。

広告募集中