資格の有無を確認!畳替えは信頼できる業者に依頼

自力では大変なので専門業者へ依頼しよう

畳替えは、自力ではなかなか難しい作業となります。畳を上げるだけでも大変ですし、新しいものと入れ替えるのはさらに大変です。古い畳の処分も難しいので、専門業者へ依頼をするのが正解でしょう。専門業者なら、部屋にぴったり合った畳を用意してくれますし、畳表だけを張り替えることもしてくれます。

専門業者へ依頼する流れ

まずは電話で相談をする

まず、専門業者のホームページで連絡先を確認します。オンラインで申し込みや相談ができる場合もありますが、基本的には電話にて相談をします。このときに畳の現状と、希望する作業内容について話をします。大体のことが分かれば、後日下見に来てもらえるので、そこでまた詳しく話し合いをすることとなります。

現地での測量は欠かせない

六畳の部屋だと言っても、現地での測量なしに畳を六枚揃えることはできません。なぜなら、同じ六畳の部屋でも場所によっては微妙に歪みが生じていることが多いからです。きちんと現地で測量をしておかなければ、畳を作っても入らないということがあるのです。

見本を見せてもらって商品選びをする

測量時には、同時に具体的な商品選びもすることとなります。専門業者の人が畳のサンプルを持ってきてくれることがあるので、それを使ってイ草の種類なども決定していくわけです。同時に見積もりも済ませて、すべてに納得ができれば契約に入ります。

資格の有無を確認!畳替えは信頼できる業者に依頼

和室

専門業者の選び方

業者の選び方は色々考えられますが、資格持ちの技術者が在籍しているかどうかで選ぶのも悪くはありません。日本には、畳製作技能士という国家資格があります。無資格者だけでも営業をすることは可能なのですが、やはり国家資格を持っている人材がいる方が安心感が生まれます。特に1級畳製作技能士がいる業者は信頼性も高くなるので、この点を考慮に入れて業者選びをする人が多いです。

専門業者へ依頼する場合の費用相場

専門業者へ依頼をするなら、新畳で一畳当たり一万五千円前後の費用がかかります。安ければ一万円以下でも畳を作ってもらえますが、高い場合には二万円を越えることもあります。高級なイ草を使えば値段は跳ね上がりますから、一概にいくらだということはできません。表替えなら、費用相場は五千円ほどです。ただし、この場合も高級イ草を使うことは可能です。最高級品を使えば、表替えでも数万の費用がかかることはあります。

費用の内訳

畳替えの費用の内訳は、ほとんどが人件費になります。材料代は高級なイ草を使わないなら、それほど高くはなりません。畳は大きくて重いものですから輸送費もかかるのですが、それでも最も大きなウエイトを占めるのは人件費です。業者の方がしてくれる作業のすべてにコストがかかるわけですし、特に畳職人に支払う工賃が最も高くなるのは自然なことでしょう。

専門業者へ依頼した方の感想

高級品が手に入って満足しています(38歳/女性)

高級な畳が欲しかった私には、ネット通販やホームセンターは使えませんでした。専門業者はさすがの商品ラインナップを誇っていたので、大変助かりました。希望する高級なイ草を使ったハイクオリティな畳が手に入ったので、非常に満足しています。

すべてお任せでも問題ありませんでした(54歳/男性)

見積もり時から丁寧に対応をしてもらえたので、畳のことに関して詳しくない自分でも困ることはありませんでした。業者の方が最適な畳を提案してくれたおかげで、悩むことなく畳替えが済ませられました。初心者の方なら専門業者を使った方が後悔が少ないのではないかと思います。

費用の節約ができて助かりました(32歳/女性)

畳の表面がざらついてきたので、新しいものに交換するつもりでした。しかし専門業者に相談すると、表面の張替えだけで済ませられるという話でした。コストが抑えられるならと、その方法でいくことにしたのですが、これが大正解でした。新品を購入するのに比べて数分の一の価格で畳をきれいにできたので驚いています。

家具の移動もしてもらえました(67歳/男性)

年寄りの一人暮らしなので家具の移動もなかなかできないのですが、畳上げの際には業者の方が家具の移動まで無料でしてくれました。自分は何もする必要がなかったのはありがたかったです。古い畳の廃棄も業者側でしてくれて、その点でも頼んだ価値がありました。

作業スピードに驚きました(23歳/男性)

表替えだけだったのですが、作業が一日で終了したのには驚きました。これだけ迅速に畳を生まれ変わらせてもらえるなら、また次も利用をしたいです。作業が長引くと自分の部屋で生活がしにくくなるので、スピード感に優れているのは助かります。

広告募集中