豚プラセンタをピックアップ【吸収力に優れたサプリの王様】

豚由来の健康成分

栄養補助食品

安全性の高い飼育環境

国内で流通し、サプリメントや化粧品として利用率が高いのが豚プラセンタで、生体も似ていることからヒト由来プラセンタとの効果に差が生じていないことも活用されている理由の1つです。プラセンタエキスを抽出する加工により、通常は有効成分が失われがちとなるものの、豚プラセンタは有用成分を多く残し、効果的に作用します。現在、健康面でも注目されている豚プラセンタも、より安心できる基準となる飼育環境としてSPF豚から抽出されたプラセンタを選択することが望ましいと言われています。微生物などの病原体を持たないよう、通常はワクチン接種などで管理されるものの、経口摂取において身体への影響も問題視されています。病原体に感染しないために徹底した飼育が行われ、通常の豚プラセンタと比較したデータによると、約2倍から3倍近くの有効成分を含み、経口摂取の吸収率も高く、効果を期待しやすいのもメリットの1つです。

濃度の高さなどをチェック

豚プラセンタはサプリメントとして流通しているものの、健康食品であり、摂取量にも規定が設けられていないため、大量摂取による効果を期待するケースは少なくはない実情として挙げられています。経口摂取では30%程度しか吸収されず、効果も実感しにくい点にも注意が必要で、徐々に高含有のサプリメントに変えることも必要です。また、一般に体重の軽い方や若い方などは少量での効果に期待ができるデータも報告されており、配合量をはじめ、体格や年齢などからも様子を見て摂取することにより、美容や健康に良い成分がしっかり働きかけてくれます。配合表記に関しては、溶液を含むプラセンタエキスをはじめ、豚プラセンタ原末や濃縮など、それぞれに表記に差があるため、製品選びにも注意する必要が挙げられ、コスパの良いものを選択することもポイントです。